アフィリエイトで海外移住できたらなぁ~、と思われている方も多いと思います。

 

かくいう私自身、数年内には海外移住を目指して日々アフィリエイト作業に取り組んでいます。

 

よく「PC一台で世界のどこででも生きていこう」とか、

「月10万あれば自由になれるよ~」なんていうブログを見かけます。

 

これっておそらく20代の若い人や単身者の割と気楽な方のような気がします。

 

あーこは子供が二人いる主婦アフィリエイターです。

子供を育てていくには「責任」が伴います。親の行動考え次第で

子供の人生が大きく変わってきますね。

 

それでも、将来海外移住を目指す理由、アフィリエイトで家計を本当に維持できるのか?

についてお話したいと思います。

私が海外移住を目指す理由

FmqjcsGCo0FOMkB1472824617_1472824625

子供たちに一つでも多くの選択肢を与えたいから

私の子供時代は詰め込み教育で偏差値教育、受験の時には四六時中勉強していました。

でも、今は少子化のゆとり教育。

我が家の子供たちが大学生になる頃には全員が大学に入る時代と言われています。

同時に日本の学力もどんどん下がっています。

これらを考えた時、「日本の教育だけでなく海外で教育を受けさせたい」と思うように。

 

日本にいても中学生から英語を習っているのに、大学卒業しても英語さえ話せない。

それならいっそのこと英語圏の所へ行ってしまえばいいと思っています。

 

日本の将来が明るいと思えないから

日本は少子高齢化社会。これからどんどん高齢者だけが増えて子供が減っていきます。

するとどうなるか?「生産性が落ちる」=「不景気が続く」 となります。

資本主義経済はお金を生み出せなければ衰退していきます。当然ですね。

 

これからの日本はどう転んでも生産人口は増えていきません。

お年寄りばかりの活気のない社会となり、子供や親世代への保障もどんどん減っていくでしょう。

だって財源がないんだから。

 

ということで、私には日本の将来に光が見えていません。

 

子供にやさしい国だとは思えないから

海外留学・仕事などで海外には多く行っている方ですが、

ダントツ日本は「子供にやさしくない国」だと感じます。

 

少し前に「ベビーカー論争」がありましたが、ベビーカーをたたむのかたたまないのかで

母親と赤ちゃんが叩かれるのなんて日本ぐらいです。

 

海外では子供を邪魔にする考えなんてあり得ない。私も意味がわかりません。

 

アフィリエイトで海外移住は可能か(家族4人+わんこ)

DJ6oV8X_ZvsnIeO1472824812_1472824819

夫とリスク分散

アフィリエイトをはじめた当初は

「ママまたなんかはじめたの?」なんて夫にバカにされていました。

でも、気づくとアフィリエイトの月収が70万円になっていて、

調子のいい夫は今では応援側にいます。

 

海外移住も最初は「ママがまたなんか言ってる」ぐらいだったのが、「あれ、なんかいけるかも」と思いはじめた夫君。

 

夫も私もある程度英語を話し、夫に関しては海外でも割と需要がある職種なので

夫は現地でお仕事、私が主婦アフィリエイターと、案外夫婦でリスクの分散をしながら

海外でやっていけるのではないかと海外移住に現実味が出てきているのです。

 

あと1-2年でどれだけ英語力を伸ばせるのかが勝負所です。

 

数年でできるだけ稼いでおく

我が家には子供が二人いますので、自立するまでしっかり育てていかないといけません。

子供がどんどん大きくなると、親の都合で学校を転々とさせるわけにもいきません。

そうであれば、彼らに安心できる教育・子育て環境を与えるため、「永住権」を狙ってます。

 

マレーシアが1000万(ぐらいかな?)、フィリピンが500万で永住権が手に入る金額です。

1000万、500万って果てしない金額のような気もするけれど、アフィリエイトをしっかり実践していけば夢物語ではない金額なんです。

 

と、いうことであーこはあと数年でアフィリエイトの実力を確実な物にし、数年で多くを稼いで

海外移住に備えたいと思います。

 

そして、同じ考えや夢をお持ちのお父様お母様がいらしたら、アフィリエイトでこのぐらいの

額は十分に稼いで海外で生活していくのは十分可能だと私は考えています。

 

ぜひ、一緒にがんばっていきましょう!(o^-^o)




・ノウハウコレクターになってしまっている
・アフィリエイトって稼げるの?

などなど、アフィリエイトのご相談はお気軽にあーこまでお問い合わせください♪

お問い合わせには100%回答していますし、
みなさんに喜んでいただいています^^
↓ ↓ ↓
>>あーこに問い合わせしてみる