今回はアフィリエイト中級者向け?ですかね。


なんか、記事で長文さえ書けば上位表示できると


勘違いされている方も結構多いみたいなんで


それは違うよ、という話です。


熱意のある記事を書ける、書けないは


アフィリエイトで稼ぐコツでもあると思います。

Googleに好まれる文章より、ユーザーに向けた文章を

Cupids-Arrow-psd90058

コンテンツSEOはこれからどんどん重視される?!

わずか数年前までは、一記事500文字でも十分上位表示できていたし、


いわゆるコピペリライト記事でも問題なく上位にいき、アフィリエイトで稼げました。


しかし、今後よりコンテンツ内容が検索順位に影響を及ぼすのは必須になることでしょう。


というより、もうなっているかもしれませんね。


まず、グーグルの使命は、検索エンジンを使ったユーザーのニーズを満たすこと。


ユーザーの知りたいことを検索エンジンの結果としてさまざまなサイトを表示させます。


そして、グーグルはユーザーに有益なサイト・情報を提供したいと考えています。


すると、アフィリエイターが稼ぎたいだけの


無意味な文字列、何の熱意もない文字数だけ埋めた長文では、


価値ある情報ではないので検索エンジン上評価されません。


今は記事を外注化して、ゆるいキーワードであれば


検索エンジン上ある程度の位置まで上位表示できるかもしれませんが、


今後の向きとしてはコンテンツ内容、つまりユーザーを満足させている記事か?


結果的に質の良い記事の集合体であるサイトなのかどうかをグーグルはより


重視していくのではないかと考えます。

結局つきささらないと上位表示できないし、売れない

アフィリエイトってただ上位表示だけ目指して


商品紹介するだけでは、成約率は伸び悩むことでしょう。(少しは売れると思いますが)


結局記事を読んでいるのは画面の向こうのユーザー(読者)なんですよね。


そして、忘れてはいけないのが、


アフィリエイト自体が、


・ユーザーが何を知りたがっているか(検索キーワード)


・知りたがっていることを記事で情報提供できているか?


・自分の体験やユーザーに代わって代弁できているか?


こういったことを意識しない限りコンバージョンの数字は改善しませんね^^;


あーこもとっくに長文サイトとコンテンツ内容重視の二つのサイトを立ち上げて


比較検証しましたが、ただただ長文なだけのつまらない記事というのは


大して上位表示できませんでした。


それだけ、グーグルは熱意のある記事なのか?熱量があるのか?


人と同じ精度に近づけてサイトを評価していると思いますよ^^。

グーグルは記事の熱意までは判断できない

ただ、Googleが記事の熱意や熱量を判断できているワケではありません。


これは何で推測しているのかというと、


サイトの滞在時間が大きくて、あと離脱率ですね。


書かれている記事が、おもしろかったり、興味深い、熱意があれば


訪れたユーザーは記事を最後まで読んでくれるし、


興味があれば他の記事も読んでくれます。


すると、サイトの滞在時間は長くなり離脱率も低くなります。




これを、ただ上位表示させたいがために、


文字数を埋めただけの記事内容であれば、


ユーザーはつまらないとすぐに他のサイトへいってしまうし、


そもそも記事を最後まで読んでくれることもありません。

最初からうまく記事は書けない

今でこそ、記事内容を重要だと理解できているあーこですが、


アフィリエイトをはじめたばかりの頃は


私だって記事をうまく書くことはできませんでした。


一日に一記事書くのが精いっぱいで、


緊張しながら書いてたものですから、肩もガチガチに凝ったり(笑)。


国語は多少得意だったものの、


魅せる文章だとか、ユーザーの心を掴む文章の書き方なんて


最初はそんなスキルなんてなかったです^^;


でも、当時メンターの勧めるライティングの教材を素直に勉強したり、


今でこそ思うのですが、メンターの指導を素直に実践できたのは


結果的に自分の収入をどんどん上げられるようになったので、


その点ラッキーでしたね。


もし今あなたが、「記事がうまく書けない~(・ε・`)」と悩んでいたら


ライティングの教材を買って勉強したり、


まずはじめはこの記事でユーザーが何を知りたいのか?


一記事一記事確認しながら書くと記事内容が濃くなるかもしれませんね。




・ノウハウコレクターになってしまっている
・アフィリエイトって稼げるの?

などなど、アフィリエイトのご相談はお気軽にあーこまでお問い合わせください♪

お問い合わせには100%回答していますし、
みなさんに喜んでいただいています^^
↓ ↓ ↓
>>あーこに問い合わせしてみる