jLjHpvaoBCMoSor1471945429_1471945445

ワードプレスのプラグイン、wordpress ping optimizerはワードプレスをインストールしたら

早めに導入しておきたいプラグインのうちの一つです。

 

wordpress ping optimizerを使う目的は以下の通り。

 

1:記事更新の度にping送信してスパム認定されるのを防ぐ

2:インデックスのスピードをはやめるため

では、一つずつ見ていきましょう!

スパム認定されるのを防ぐ

kEZlsr55L7aEVsN1471945886_1471945896

 

ワードプレスをインストールすると自動的にping送信する設定がされています。

もともとping送信を設定してくれて、便利といえば便利なのですが、一つまずいことが…

 

それは、あなたが「自分のサイト内で記事を更新するたびに」ping送信を行っています。

 

すると、記事の編集・更新を何度も行うとgoogleがあなたのサイトをスパム認定することがあり、これはペナルティ対象となります。

 

良かれと思って記事内容を編集していたらいつの間にか自分のサイトがスパム認定されていた…この状況はよろしくありません。

 

これを防いでくれるのがwordpress ping optimizerです。

wordpress ping optimizerを導入すると、記事を公開した時に一度だけping送信をする、という

設定になります。

 

インデックスのスピードをはやめるため

SYuFhrLSp59nTRk1471946605_1471946613

 

インターネットの仕組みとして、Pingサーバーというものがあります。

Pingサーバーは世界中のブログの更新情報を常に集めています。

 

あなたがブログを更新した時にPing送信を行うと、情報が送信されてクローラーが

あなたの記事をより早く見つけることができ、巡回しやすくなります。

 

wordpress ping optimizerの設定方法

 

それでは、一緒にwordpress ping optimizerを設定していきましょう!

 

optimizer

 

ワードプレスのダッシュボードから→プラグイン→新規追加をクリック。

画面右上にキーワードを入力する欄があるので「WordPress Ping Optimizer」と入力し、Enter。

 

すると上記画像のようにWordPress Ping Optimizerが出てきますので、

「今すぐインストール」をクリックしてください。

 

optimizer2

 

「プラグイン有効化」をクリックしましょう。

 

optimizer3

インストール済みプラグインを拓くとWordPress Ping Optimizerがありますので

「Settings」をクリックしましょう。

 

optimizer4

Settingsをクリックしますと上記のような白い四角が出てきます。ここにPing送信先のURLを入力します。

 

2016年8月現在有効なPing送信先は以下の通り。コピーして使ってください。

http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC

http://www.blogpeople.net/servlet/weblogUpdates

http://ping.blo.gs/

http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2

http://blogsearch.google.com/ping/RPC2

http://rpc.reader.livedoor.com/ping

http://ping.fc2.com/http://ping.feedburner.com/

http://ping.rss.drecom.jp/

http://wpdocs.sourceforge.jp/Update_Services

http://rpc.pingomatic.com/

http://ping.blogranking.net/

http://ranking.kuruten.jp/ping

http://www.blogstyle.jp/

http://www.blogpeople.net/ping/

http://ping.freeblogranking.com/xmlrpc/

http://rpc.weblogs.com/RPC2

http://services.newsgator.com/ngws/xmlrpcping.aspx

http://ping.dendou.jp/

http://blog.with2.net/ping.php/

http://ping.cocolog-nifty.com/xmlrpc

http://ping.sitecms.net

http://pingoo.jp/ping/

http://taichistereo.net/xmlrpc/

http://ping.blogmura.com/xmlrpc/hidmbp2r256f

 

optimizer5

貼りつけるとこんな感じに。その後「Save Settings」をクリックして完了です。

意外とかんたんです。

 

Pingエラーの対処法は?

Ping送信先は永遠に有効というワケではありません。

Ping送信先がエラーの場合は返信されて返ってきます。

optimizer6

 

先ほどのPing送信先設定と同じ画面を下へスクロールすると、

「Ping Log」という所があります。

もし、エラーで返ってくると、URLが赤字で記載されます。

 

Pingがエラーの場合、一時的にエラーのケースもよくあることなので、

数週間は赤字のURLかどうか様子を見ましょう。

 

数週間赤字のURLとして記載されていればPing送信できていないことになりますので、

Ping送信先から該当の赤字URLを削除し、更新していきましょう。

 

Ping送信は自分のサイトを強くするために有効な手段ですから、

ぜひWordPress Ping Optimizerを活用していきましょう♪


>>他最低限入れておきたいプラグインまとめ




・ノウハウコレクターになってしまっている
・アフィリエイトって稼げるの?

などなど、アフィリエイトのご相談はお気軽にあーこまでお問い合わせください♪

お問い合わせには100%回答していますし、
みなさんに喜んでいただいています^^
↓ ↓ ↓
>>あーこに問い合わせしてみる